美容外科看護師への転職が成功するポイント

美容外科看護師の転職で大切な3つのポイント!

美容外科看護師への転職が成功するポイント



看護師の中には日勤常勤看護師の求人先である美容外科に転職を希望する二十歳代や三十歳代の看護師も多いです。ここでは、美容外科看護師への転職が成功するポイントを3点に絞って解説いたします。

1番目は、美容外科に来院する人と一般病院に来院する人の違いを理解することです。一般病院では病気で体調が悪い人や怪我をした人が訪れます。その理由は<健康な体に治してもらうため>です。

一方、美容外科医を訪れる大部分の女性は「若返りたい」「美しくなりたい」「綺麗になりたい」という理由です。 美容外科では訪問される人が「どんな風に綺麗になりたいのか?」とか「どういったコンプレックスを持っているのか」とか「理想とするイメージはどういった感じなのか」を聞き出すことが大切です。 接客業的な側面の資質が必要になるわけです。

2番目は、美容外科で活かせる看護スキルを面接で効果的にPRすることです。 「注射」や「点滴」といったスキルは必須ですし優遇されるケースが大半です。 そんなスキルを持っている看護師は積極的に面接時にアピールすることです。

オペ室を経験している看護師は手術の間接介助や直接介助の側面でもそのスキルが役立ちます。 スキルに自信がない人やスキルがない看護師でもやる気を見せることです。 転職後1カ月から3カ月は研修期間になっているのでその間にしっかりと学べば良いのです。

3番目は、看護師専門の転職サイトを使うことです。 一般の大規模病院では2交代制や3交代制で24時間体制で看護師は仕事をしています。 一方美容外科では急患や容態の急変がないですから夜勤はありません。

大抵は朝10時から夜19時までの営業時間ですから、夜勤で体調を崩したり小さいお子さまをお持ちの看護師にはお勧めの職場です。 収入も2年程度の看護師経験があれば月額で35万円から40万円以上のケースが多く他の診療科目よりは高収入です。

けれども四十歳代を越えると美容外科の転職は難しく、仕事内容からも二十歳代や三十歳代が優先的に採用されます。前述したように勤務条件が良いので人気の病院やクリニックでは看護師求人が出なかったり出てもすぐに埋まる状況です。良い条件の美容外科求人を見つけるには情報が豊富な看護師専門の転職サイトを利用することがベストです。

以上、美容外科看護師への転職が成功するポイントを3点に絞って解説いたしました。

大学入試会場で看護師アルバイト

看護師の短期のアルバイトの中には、大学入試会場のイベントナースの仕事もあります。入試時期にしか探せないアルバイト求人ですね。入試ですから日勤のみで、通常は試験の日程どおり、1日から2日程度の出勤となります。

一応短期のアルバイトということですが、先方と合意できれば単発のアルバイトに出来ることもあるようです。但し、求人に人が殺到してしまえば、二日間とも働ける人が優先される可能性は高いかもしれません。

受験生からしてみると、大学入試というのは人生に大きく影響する一大イベントのため、緊張からくる腹痛を起こしたり、疲れがピークに達して気分が悪くなってしまう生徒も少なくありません。

このような生徒をケアするなど、入試会場で待機する看護師は、試験当日の生徒の体調管理がメインの業務となります。一般的には重大な病気で倒れてしまうような生徒さんもいませんし、大怪我をする生徒さんもいないと思いますので、特に活躍する機会もなく、ただ待機して終わるという可能性も低くありません。

大学入試というのは開始から終了の時間もしっかりと決定しているため、予定も立てやすいです。そのためアルバイトで看護師をしたい人からは、人気の集中しやすい求人案件と考えられるでしょう。

では、大学入試会場でのアルバイト看護師をしたい場合は、どのようにしたらよいのでしょうか。

やはり一番おすすめなのは、看護師人材紹介会社に登録することです。中でも短期のアルバイト求人に強い、看護師人材会社に登録して求人を探してみましょう。できれば複数のサイトを利用する事で、効率よく探す事ができます。

大学入試というのはその時期だけのイベントとなりますので、時期を過ぎてしまうとその年はもうチャンスが巡ってこない、という可能性もあるわけです。

このような、時期によって探せるかどうかが決まってしまう看護師のバイト求人の場合は、情報集めのためにも、看護師人材会社の利用がお勧めといえます。人材会社によっては、担当のコンサルタントに依頼しておく事で、大学入試会場のバイト求人が出た時に連絡をもらうことも可能です。

忙しくて、マメに求人をチェックできなかったとしても、連絡をもらえれば安心できます。 アルバイト求人に強い看護師人材サイトを上手に活用し、大学入試会場の待機看護師を目指して下さい。

イベント待機看護師のバイト

看護師さんの仕事をバイトで行ないたい人もいたいと思います。そんな方に大変人気のある仕事が、1日で終了するイベント待機のアルバイトです。単発で終わるために、予定が合えば本業と兼業で時々お仕事をしている看護師さんもいると聞きます。

イベント待機のアルバイトはその名の通り、イベントでの突然の病気や事故に遭った人が出た際にケアをする、看護師のお仕事です。

ライブやコンサートなどが行なわれる会場にある、救護室や医務室で業務にあたることになります。何かのトラブル時の応急処置を必要とされる状況が少なくないため、看護師としての経験が物を言います。出来ればある程度経験を積んでから挑戦した方がいいかもしれませんね。

上記のようなイベントで活躍する看護師求人は、短期間で求人が出される事が少なくありません。会場は日本武道館を始め、東京ドーム、代々木、大阪ドームなど、 大きな会場での仕事が多いようです。また、東京や神奈川、千葉などの関東地方では、テレビ製作にまつわるイベント待機看護師の求人がありますが、数日前に突然求人が出ることもあります。

ところで、待機看護師の求人にはたくさんの人が集中します。イベント待機の看護師を行いたい場合は、普段から情報を集めておくのが大切です。まずは看護師専門の人材サイトに登録することから始めて下さい。

ひとつではなく、いくつかのサイトに登録する事がコツです。とにかく募集期間が短いということですので、アルバイト求人に力を入れている人材会社をオススメします。

どんなコンサート会場にも救護室や医務室が存在するわけではないため、ひとつの求人にたくさんの希望者が集まってしまうのが現状です。ですから、確実に求人情報を手に入れるためにも、事前に看護師紹介会社などに登録する事が求められます。

人気のある、単発の看護師のバイト求人は、求人情報が出るとすぐに埋まってしまうこともあるため、できれば小まめにサイトをチェックする事が重要です。もしも難しい場合は、求人情報が出たら連絡をもらえるように、担当のコンサルタントに依頼しておくのがいいと思います。

訪問看護師について

病院で業務にあたる看護師と比較すると、訪問看護のカテゴリはなんとなく特別な雰囲気があります。勿論病院で活躍されている看護師さんも命を預かる重い責任を負っていますが、訪問看護師はより「責任の重さ」を感じる職業なのだそうです。 少し知人の話をさせてください。

彼女が訪問看護というカテゴリを選択したのは、以前病棟で働いていた際、「どんな患者さんも、亡くなる前は自宅や家族の傍にいたいものなのだな」と強く思ったことがきっかけでした。誰だって慣れ親しんだ自宅で暮らしたいと思うのは普通のことですよね。

病気の場合は難しいことですが、彼女は少しでもその助けをしたかったのだそうです。そのために知人は訪問看護師の道を選びました。

病気と付き合いながらも家で生活したい人や、亡くなる時は自宅でその時を迎えたい人と一緒に頑張り、サポートしたい、そう思ったそうです。そして実際それができるというのは、訪問看護師の遣り甲斐といえるかもしれません。

訪問看護師になって嬉しかったことというのは、患者さんやご家族の方がたいへん喜ばれること、なのだそうです。それはクリニックの外来や、病院の病棟勤務の時とは比べられない程なのだとか…。

普段から自宅で不安と病気と戦っているため、看護師さんが伺ったときには安心して心からの笑顔を見せてくれるといいます。ケアが終わると、またほっとして自分の家で暮らせるそうです。このような患者さんやご家族を見るたびに、充実感と喜びを覚える看護師さんは少なくありません。

苦しい点としては、彼女は余り思い浮かばないと言っていました。訪問看護はたった一人で行動しています。ですから大きな責任を感じるそうですが、ステーションには同じ看護師仲間やスタッフもいるため、迷ったときはアドバイスを貰ったり、相談にも乗ってもらえます。

「たった一人で患者さんと対応しなければいけない」という点は、苦しいことではないそうです。

また、患者さんの「最期を看取ること」に辛さを訴える訪問看護師さんも多いですが、知人の場合は、「終末期にどれだけ患者さんが心安らかに死と向き合えるか」ということを常に考えていました。

訪問看護師はそのサポートをするんだ、という意識を持っていたんですね。最後の時間は患者さんがご家族と一緒にいられる短く大切な時間、だからこそ悲しい気持ちで向き合いたくないそうです。

患者さんにまつわる辛い点はないと言っていた彼女ですが、ひとつだけ大変なときもあるようで、それは、訪問看護師に週末や祝日などはなく、通常通りの業務が待っていること、なのだそうです。

ご家族を持っている訪問看護師さんの中には、お休みはお仕事を回避したい人も多いかもしれませんね。